【ドラクエ11Sプレイ日記】冒険の書47【悲しみを超えて】

ドラクエ11S
スポンサーリンク

ラムダの山頂※以下ネタバレあり

ラムダの長老が山頂で待っているとのことで山頂に集まった。

昨夜、長老はベロニカがここに立ち、笛を吹いている夢をみたとのこと。笛はベロニカに持たせていたはずだが、起きたら枕元に置いてあったらしい・・・。ちょっとホラー?w

笛はセーニャが吹いてみたが何も起きなかった。ひとまず主人公に預けようと手渡すと笛が光り出した。

光った笛はそのまま伸びて釣り竿になってしまったw釣り竿の先にある釣り針が勝手に雲海に足らされるといきなりアタリが来た。引っ張り上げると・・・。

クジラが釣れた!?(◎_◎;)これは神の乗り物ケトスというらしい。さっき釣り竿だった笛は天空のフルートとして入手。もう一度フルートを吹くと、ケトスの背中に全員でワープ。

これでついに空を飛ぶ乗り物をゲット。空飛べるようになったらRPGは終盤って感じですね。

天空に浮かぶ島

ケトスに乗り長老が言っていた、天空に浮かぶ島に到着。滝が流れてるけど、その水がどこに落ちているんだろうか・・・w

島に建物があり中に入ると、完全に魔人ブ〇一族的なやつがいたwこの神の民の話では、魔王が倒されれば、大樹も復活し死んだ者も新たな命として生まれてくるとの事。

さらに奥に行くと、聖なる種火を入手。そして3つの苗木があり、セーニャから、調べてみるように言われる。

苗木を調べると先代勇者とその仲間が、鉱石とハンマーを求めて、勇者の剣を作るシーンが流れた。

映像を見たことで、闇を打ち払うチカラのヒントを得た。先代勇者が自分達の剣を作ったように、自分達も新しく勇者のつるぎを作る事に。

ハンマーはサマディー王国、剣を打っていた場所はホムラの里の近くにある火山。鉱石は神の民に聞くと、天空の古戦場というところにあるってことなので、まずは鉱石を取りに行く。

今回はここまで。ではでは(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました