【ドラクエ11Sプレイ日記】冒険の書25【ナギムナー村】

ドラクエ11S
スポンサーリンク

ナギムナー村

白い入り江から大陸周囲に沿ってずう~~~~っと東にいくとナギムナー村に到着。

家の飾りにシーサーみたいな置物があって沖縄っぽいwこの村でとれる世界一の真珠ってどんなんやろ🤔

村の奥に進むと、いきなり紙芝居が始まった。内容は人魚の呪い。ベロニカ子供達に交じっても違和感なさ過ぎて、今気づいたw

紙芝居の内容はなるべく簡単に書いていきますw

むかし、ナギムナー村にはウデのいい漁師がいた。村の村長はその漁師を気に入って自慢のひとり娘と婚約させた。ある日漁師が漁に出かけた時、漁師は海に落ちてしまい、どんどん深く沈んでいきました。漁師が死を覚悟したその時、人魚が近寄ってきて・・・

 

「生きたいならば魂をおくれ」

村では漁師は死んだものとされていましたが、ひょっこりその漁師は村へ帰って来ました。そして、人魚の結婚すると常に言い、許嫁を捨てて海に出るぞ!と暴れるようになる始末。村長さんはカンカンに起こり、人魚に魂を取られた漁師は暗く、寂しいしじまヶ浜に閉じ込められてしまいました。チャンチャン

紙芝居をしていたおばあさんは、探していたキナイのお母さん。キナイは化け物イカ退治に出ているらしい。とりあえず手伝いに行くことに。

こんなところにも合言葉を教えてくれるヨッチが!でもこいつ、いつも出たり消えたりするやつと体の色が同じで、最初スルーしてましたwちょっと近づいた時話しかけるアイコン出たのでびっくりした(゚Д゚)ノ

村の一番高台にいるおばあさんに話しかけると大砲が貰えます。クラーゴン戦だけ使え少しだけ戦闘が楽になりました。

クラーゴン戦!イカ足がめっちゃリアル!大砲のおかげで、両足と本体は混乱、守備、攻撃1ランクダウンからスタートです。助かるw結構強いんですよねこいつ(;’∀’)

VSクラーゴン
  • みぎあし HP289 なぎはらう全体25ダメ
  • ひだりあし HP272 攻撃30ダメ かばう
  • クラーゴン HP1420
  • ばくれつけん 平均25ダメ
  • 凍り付く息 平均51
  • 通常攻撃  65ダメ
  • あまいいき
  • 船を激しく揺らす 全体30+転び(1ターン休み)
  • 自己再生  足復活
  • たまに2回行動

技多いな。書いてて思いましたけど、イカのくせにスミを吐くみたいな技ないねんなw

戦闘開始直後は、大砲で弱体化してるのでまずは足から処理。弱体化が切れてからが強いですが、スカラとピオリムのバフをしっかりしておけばそこまで苦戦しませんでした。(大砲なかったらきつかったな・・・)

村に戻ると村はお祭り騒ぎ。その中で祭りに参加していない男に話しかけると、その人が探していたキナイだった。だが、キナイ曰く人魚が待ち続けているキナイは、祖父の「キナイ・ユキ」との事。そして、先ほどの紙芝居にでてきた漁師こそキナイ・ユキ本人の話らしい。

ここでさっきの紙芝居の続き、漁師が閉じ込められた続きが語られる。

漁師が閉じ込められて10年が経ったころ。漁師の許嫁の女ダナトラは別の男と結婚し、子供を授かった。しかし、ダナトラの夫が漁に出た時、大嵐に巻き込まれ夫は死んでしまった。それから後を追うようにダナトラとその子供も行方不明になった。これもすべて人魚の呪いのせいと思っている村人は漁師を問いただそうと、漁師を閉じ込めている小屋へ押しかけた。すると、ひとりでいたはずの漁師はずぶぬれの赤ん坊を抱えてぼうっと立っていた・・・・。

漁師=キナイの祖父やから、漁師が抱いていた子供がキナイのお母さんになって、人魚の子供ってことに・・・( ゚Д゚)ここまでの話だけやとこうなっちゃいますよね。話が終わった後、しじヶ浜の小屋に来いと言われました。

小屋に向かうと、祖父が残したというベールを渡されました。そして、人魚にベールを渡してキナイ・ユキは死んだと伝えてくれと。

人魚に話しかけた時、ロミアに真実を伝えますか?というめっちゃくちゃ意味深な選択肢が出てきますwここは真実を伝えました。すると、今のキナイに会いたいと言い出し、ロミアと一緒にナギムナー村に向かう事に。

ナギムナー村について、キナイをロミアの前に連れてきた。人魚の存在に驚くキナイ。キナイ・ユキは死んだと小さなお墓を指さすキナイ。人魚は500年の時を生きるから、人魚にとって人間の一生は一瞬らしい。

私、もういくわ・・・と呟き、悲しげな唄を歌うとロミアの下半身が人間の足になった。ヨタヨタと歩きながら、キナイのお墓までたどりつく。丘に上がった人魚は泡となり消えると言い残し、海の中に入った後泡となって消えてしまいました。

キナイがいきなり、あの姿は見たことがあると言い出し、小屋に走る。

小屋にはロミアの絵と、ロミアに宛てた手紙があった。手紙にはロミアの元に行けなかった理由が書かれていた。

行方不明になったと思われていたダナトラとその子供は、崖から海に飛び込んだ。キナイ・ユキは、なんとかダナトラの赤ん坊だけ助けることが出来た。が、赤ん坊を捨ててロミアに会いに行くことは出来ないと考えた。人魚の呪いの言い伝えは、二度と同じような人間が出ないように村に残したとの事。

白の入り江に戻ると、ロミアが居た場所に宝箱が・・・。中にはマーメイドハープがありました。海にある光の柱で使う事が出来、海底王国にも行く事が出来る。

長くなってしまいましたが、ナギムナー村編はこれで終わりです。自分は悲しい物語はあまり好みではありませんが、この話は嫌いになれないですね(´ー`)

ではでは(^^)/

呪いシリーズ第23弾&おまけ

これは恥ずかしい出来事なのか?w
マルティナの髪は解けば地面付きそうw
ロウはかわいいおじいちゃんキャラでいいよw
実際ついてほしいですw
あんたら何の話してんの?w自分はレバーきらいです。

最後まで見て頂きありがとうございました(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました